のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

新婚旅行計画① 行先はカンクン

SPONSORED

昨年末に結婚式を挙げたので、次のイベントといえば新婚旅行。

結婚式から間を空けずに行く人も多いみたいですが、私達は結婚式の準備でいっぱいで旅行まで考えられませんでした。というか、旅行の計画まで立てなくて良かったと思います。どちらも中途半端になりかねなかったので。。。同時に準備をして結婚式の翌日に行くなんて人は本当にすごいと思います。

 
で、本題の行き先ですが、新婚旅行は海外と決め、シーズンや飛行時間、時差などからオーストラリアを考えてていました。それが11月の末。
 
オーストラリアから一転、カンクン
オーストラリアを考えてから一転、気持ちはカンクンになっていたんです。知人に会った時に新婚旅行の話題になり、カンクン良かったよ、という話を聞いたんです。 

・オールインクルーシブで食事やドリンク、チップを気にせず過ごせる

・ビーチでのんびりできて非日常を味わえる

・新婚旅行なら中々行けないような場所に行ってみるのもいい

という話でした。

最初は長時間飛行機に乗ってまで遠くに行きたくないなって思っていたんですが、新婚旅行だからこそ!という言葉によって、次第に気持ちはカンクンへ。
 
カンクンについて
カンクンからの直行便は無し。飛行機で16時間以上。
・ベストシーズンは12月〜4月。
・時差はマイナス15時間。
・通貨はメキシコペソ。(USドルが流通している場合もあり)
公用語はスペイン語。
カンクン周辺にはマヤ遺跡が点在し、日帰りツアーもあり。
 
カンクンに決定した理由
結局、以下の部分が魅力的でカンクンに決めました。
 

1、オールインクルーシ

カンクンの多くのホテルにはオールインクルーシブが設定されていて、食事やドリンク、チップ、アクティビティが料金に含まれています。各地のリゾートでは軽食を取るだけでも2,000円以上かかる場合もあるみたいなので、お金を気にせず食事できるのは嬉しいですね。
 
2、観光
カンクンの周辺にはマヤ文明の遺跡が存在しています。チチェンイッツァ遺跡は日帰りツアーでよく組まれますね。多分ここに行くと思います。ビーチリゾートでのんびりしながらも、文化的なものにも触れることができるのはいいですね。
 
3、ホテル 
年齢制限を設けていたり、専用のプールがあったりと静かにのんびりと過ごせる印象を受けました。モルディブタヒチなどの水上コテージも魅力的だったのですが、友人から「目の前の海を独占できるとは言うけれど、隣の目や声が結構気になるよ笑」って話を聞き、水上コテージへのこだわりは捨てました。 
 
こうしてなんだかんだ1ヶ月くらい検討し、カンクン行きが決まりました! 
 
その他のカンクン記事はこちら