のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

転職して1年半 過去の振り返り① 転職して良かったか?

SPONSORED

私は約1年半前に転職しています。前職を辞める時、そして次の会社に就職するときにはかなり悩みました。辞める時には「このままこの会社で働きたいとは思わないけど、本当に辞めてしまっていいのだろうか」とか、次の会社に就職するときには「やっぱりなんか違うと言ってすぐに辞めたくなってしまわないだろうか」とか、何か行動を起こしたいけれど考えれば考えるほど不安になるという状態でした。ですが、結果を言うと本当に転職してよかったと思います。

 

当時どんなことを考えていたのか、1年半経った今、当時を振り返ってみようと思います。転職のことを4つに分けて書いていこうと思います。

  1. 転職して良かったか?
  2. 辞めるまでのこと
  3. 前職を辞めてから就職までの期間
  4. 転職成功の理由

1つ1つをできる限り詳細に書き残せればなと思っています。転職してから時間が経っていますので、その時期の気持ちとは少し違ってきてしまうかもしれませんが、当時メモや日記も書いていたのでそれらも参考にしながら書いていこうと思います。

今回は1の「転職して良かったか?」について書いていこうと思いますが、その前に前職ではどんな仕事をしていたのかを紹介したいと思います。

前の会社での仕事内容

前職はデジタルカメラの生産技術に関する仕事をしていました。大量生産の製品をお客さんに届けるには、何を作るか企画し、製品を設計開発し、量産体制を整えて一つ一つ検査し、物流によって店舗に届けるというのが大きな流れかと思います。私はそのうちの量産体制を整えるという仕事をしていました。設計された部品が出来上がればそれをどのように組んでいくかを検討し、その後工場で組み立てラインを立ち上げて生産開始です。当時は(今もだと思いますが)、安い労働力を頼りに中国での生産を行っていましたので、新しい機種の生産となれば中国へ出張していました。入社1年目から中国出張を経験するなど、多くの事を学ばせてもらいましたが、4年経過した2013年に退職を決意しました。

転職して良かった

上でも書きましたが本当に転職してよかったと思います。理由は二つあって、1つ目は「前職の会社が今とても不安定」であること、2つ目が転職して「仕事の時間と自分の時間のバランスが取れたこと」です。それぞれ少し詳しく書いていこうと思います。

転職して良かったと思った1つ目の理由

まず、「前職の会社が今とても不安定であること」ということについてですが、私は今でも前職の同じチームだったメンバーと定期的に飲み会をしたり、また身内に前職の関係会社に努めている人がいるので少しは状況を聞けているかなと思っています。その人達の話を聞く限り、たとえ私が残っていたとしても、またいずれ転職を考えるだろうなと感じました。私が在籍していた4年間にも希望退職を募るということが2回ほどありましたが、また実施される動きがあるようです。しかも以前よりさらに年齢を引き下げて。。。それだけ状況が悪いんだと思います。経費削減、人員削減によってこれまで何年も働いてきた人を切るというのは、どの会社でも経営が悪化すれば、それは一つの選択肢だと思います。でもあまりにも頻繁、そして対象者の年齢が若すぎると感じました。また、同じチームだったメンバーの話によると、国内工場への出張が多くなっているようで、家には土日だけ帰って、現地でウィークリーマンションを借りて生活という感じらしいです。出向に近いかもしれませんね。さらに特に期限が設けられているわけではないようなので、一か月後に自分がどこで生活しているかなんて分からないような落ち着かない状況のようです。やはりこのような状態の会社には居続けられなかったというのが1つ目の「転職して良かった」と感じる理由です。

転職して良かった2つ目の理由

2つ目の「仕事の時間と自分の時間のバランス」についてですが、前職での仕事の時間があまりにも多すぎたと感じています。毎月80時間位は残業していましたし、中国出張時には2か月間で休日2日だけということもありました。「働いて当然」、「残業やらないと仕事していないと思われる」なんていう風潮も感じていましたが、そもそも部署としての仕事量がとても多かったと思います。ノー残業デーなんて日も作られていましたが形だけでしたね。確か残業時間は1か月で100時間、3か月で225時間まで許されていたと思いますが、当然その制限に引っかかりました。超えそうなことを報告しても「うまく調整してくれ」とか「あとで付けておいて」なんてこと言われます。残業時間の調整なんてその部署のメンバーはほとんどやっていたんじゃないでしょうか。残業代はその制限までであれば出たので、出ないよりは良いいかと割り切っている部分もありました。それ以外はサービス残業でしたが、もっとひどい会社はいくらでもあるって思ってやっていましたね。実際にそうだと思いますが。全く自分の時間が無かったという訳ではありませんが、休日はとにかく休んでまた月曜から出勤ということの繰り返しでしたから、当時の生活は完全に仕事側に偏っていましたね。
一方で今の会社はどうかというと、うまくバランスが取れていると思います。ちょっと自分の時間寄りかもしれません。これまで一つの会社しか経験していませんでしたから、就職して数か月経ったときには「こんな働き方ができるのか」と嬉しさもありながら、残業をあまりしないことに対するうしろめたさなんてのもありました。完全に前の会社の名残が残っていましたね。今の月平均の残業時間は、10~20時間くらいです。土日出勤は今のところ一度もしていません。もちろん収入は減りましたが、家にいる時間が増え、考える時間や人と会う時間も増えました。(でも時給でいえば上がったかもしれませんね。前の会社ではサービス残業していましたから。)今は、自分の時間を使って資格試験の勉強をしたり、知人とスポーツをしたり、趣味の時間が増えてとても充実した日を送れています。人によっていいバランスというのは違うと思いますが、今のバランスで生活を送れている事に嬉しく思っています。

 

転職までは悩んだり不安になったり、辛い時期もありましたが一歩踏み出して転職して本当によかったと思います。自分を見つめ直す時間を作れたこともよかったですし、転職自体が貴重な経験になりました。現時点では、今の会社を辞めて転職したいとは全く思いませんが、絶対に無いとは言い切れないと思います。考え方や能力においていつでも転職という行動に移せる準備は必要かもしれませんね。

次回は「辞めるまでのこと」を書いていきたいと思います。

 

あとがき・・・

この記事を書いた約1年後に上で書いた資格試験に無事合格することができました。電験三種という国家資格です。当然前の会社では自己啓発で何か勉強するなんて時間は無かったと思うので、好きな勉強をして知識を身に着けていけることは幸せですね。転職して今の環境があるからこそですね。

このことも記事にしているので是非読んでみてください。