のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

埋伏歯部分の手術をしてきました。

こんにちは。

こちらの記事の続きになりますが、埋伏歯の手術を受けてきました。

埋まってしまっている歯の部分を切開して、矯正用の器具を取り付けるという手術です。

その状況を書いておこうと思います。

 

病院は車で行かなければいけない場所でしたが、帰りの運転は妻にお願いしました。

たぶん運転もできたとは思いますが、口の中を30分以上処置されて精神的に参っていたので、結果的に自分で運転しなくてよかったと思います。笑

 

 

 

処置のほうですが、まずは麻酔ですね。

口の中の手術って始めてだったんですけど、やっぱ麻酔は結構痛かったです笑

注射器にたっぷり麻酔薬が入っていてそれを4箇所くらいにぶすぶすとさされました。

えぐっている訳ではないんでしょうが、何となくそんな感じを受けました。

口をゆすぐように言われたので、そのタイミングで試しに舌で麻酔したところを触れてみたところ、既に冷たかったような気がします。

あぁ、効いてきているんだなって思いつつも、麻酔が舌にも付いてヒリヒリしたのでそうゆうことはやらない方がいいかもしれません。。。

 

 

 

そして手術の準備です。

顔には口部分だけ穴が空いた紙が載せられたので、以降、何も見えなくなりました。

そして口にはプラスチックのような口を開けておくための器具が入れられます。

この状態が約30分続いたので結構辛かったですね。。。

 

 

 

で、ついに切開が始まりました。

当然感覚は無くなっていますが、頭は動くので口にどれくらの力が加わっているかはわかります。

自分の場合は上顎だったんですけど、結構な力で切開していたように感じました。

イメージではメスが少し触れるだけで切り口がスーっと開くものと思っていたのですが、、、違いましたね。

のこぎりでギコギコやられているような、、、そんな感じがしました。

今でも切られているその感覚を思い出すだけで気分が悪いです。

 

 

 

その後、切開して埋伏歯が顔を出したようです。

今度はそこに矯正で引っ張るための器具を取り付けます。

その器具は、5mm位の円形のものに針金が付いていたもので、その円形の部分を歯に接着剤で取り付けていました。

自分が唾を飲み込んで顔が動いたせいか、器具が一度外れてやり直しされたような気がします笑

最終的にはバッチリ取り付けられましたが。

 

 

 

最後に切開した部分を元に戻すように縫い付けます。

黒っぽい糸で歯肉を通して固定しているようですが、これ手術後あんまりいじっちゃダメなんですね。

手術した先生何の注意点も教えてくれなくて結構触ってしまいましたよ。。。

糸だと思わず何か挟まっていると思って引っ張ったこともありましたし。

 

 

 

術後半日くらいは血が出ていました。

最初は歯磨きも相当優しくやらないとブラシが触れたときに痛いです。

ただ、2日も経てばほとんど痛みは無くなりましたね。

抗生物質と痛み止めをもらいましたが、痛み止めは3錠しか飲みませんでした。

 

f:id:yorimichi_ticket:20170124192731j:plain

 

 

手術が終わって日にちが経てばなんてことないですが、もうやりたくないですね。笑

幸いなことに矯正中の手術は今回だけなので、切開部分が早く元に戻ることを祈るだけです。

1週間後には抜糸を行います。

また、埋伏歯に器具が取り付けられたので、矯正歯科でそれを引っ張り出していく処置をしていきます。

これでようやく矯正のスタートラインに立てたのかもしれません。

 

矯正関係の記事はこちら