のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

ワーゲンLEGOを走らせたい ~LEGOにミニ四駆モーターを取り付け~

スポンサーリンク

こんにちは。

 

先日下の記事で紹介したLEGOですが、「動かせないかな」という変な考えがふと浮かんでしまいました。

 

タイヤがゴムでしたので「モーターさえ取り付けられればいけそう」っていう印象を持っていたんですよね。

そこで家にあったミニ四駆や車のおもちゃをバラしてやってみました。

 

なんとか動かすことができたので紹介します。 

 

使用した部品と改造部分

まず使用した部品ですが、

  • フォルクスワーゲンLEGO
  • タミヤ 1/32 ワイルドミニ四駆№32 マンモスダンプ
  • 日産セレナ 自動ブレーキミニカー

となります。

 

フォルクスワーゲンのLEGOはもちろん本体、マンモスダンプは駆動機構と電池ボックス、セレナはモーター部分を使いました。

セレナに付いていたモーターは支え部分が斜めになっていてこれを上手く使えば、マンモスダンプの駆動機構に回転を伝達できると思ったんです。

 

ワーゲン本体の改造はほぼリア部分だけです。そこに積んであるエンジンを外してモータを取り付けられるようにしました。

 

実際に改造してみた

タイヤを回転させる軸をミニ四駆のものと交換します。

 

ただワーゲンのタイヤと軸ではスカスカなのでストロー2本を使用して固定しました。

1本は軸に嵌る太さ、もう1本はタイヤの穴に嵌る太さのストローでうまく固定することができました。

f:id:yorimichi_ticket:20161019060930j:plain

 

ミニ四駆のホイール(黄色い部品)にはギアが付いているため、これを軸に取り付けモーターからの回転をタイヤに伝達しています。

これだけでは軸が左右にガタつくので、ミニ四駆に付いていたタイヤの軸止めをニッパーでカットしてLEGOのタイヤ脇に取り付けました。

 

モーターはセレナから外して使用しました。

セレナのモーターはホルダごと取り外すことができたのと、モーターの駆動方向を変えるギアが取り付けられていたのが良かったですね。

f:id:yorimichi_ticket:20161019060942j:plain

 

 

ホイールのギア部分にモーターのギアが接触する高さにLEGOを積み重ねて、モーターとLEGOの固定は両面テープです。(LEGOにネジを切るようなことはしたくなかったので。。。)

f:id:yorimichi_ticket:20161019060915j:plain

 

 

モーターの端子と電池BOXは直接半田で取り付けてしまいました。

電池BOXの置き場所は考えていなかったのでとりあえず屋根の上です笑 

完成すると下のようになりました。

f:id:yorimichi_ticket:20161019060838j:plain

 

ここまでやってなんですが、LEGOのモーターも発売されているんですね。

知らなかった。。。

 

走行動画も是非見てみてください。


ワーゲンのLEGOを走らせる

 

軸のガタつきやギアの滑りがあるので異音が半端ないです笑

動力としては相当ロスしていますよね。。。

まぁ、何も購入することなく家にある部品でここまでできたので満足ですかね。

 

次は早くフェラーリLEGOを組み立てて、こちらにモーターを組み込みたいですね!

その時にはギア比を変えてもう少し早く走るように工夫します。