のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

電験三種 合格まで。学習時間や勉強法について。

こんにちは。

晴れて電験三種に合格しました。

私の経歴、勉強時間、勉強方法、当日の事などを出来るだけ詳しく紹介します。

 

私の経歴

高専(電子系)→国立大学(システム系)の学部卒で、現在社会人です。

高専で学んだ知識は理論に大いに役立ちましたが、電力や機械の内容は初めて目にする事柄が多かったので、それらは理解するまでに時間がかかりました。

 

合格までは市販の参考書や問題集を使って独学で勉強していきました。

 

電験合格まで

私は2年3ヶ月の勉強で取得することができました。

2014年・・・応募はしたが受験せず

2015年・・・理論合格

2016年・・・電力、機械、法規合格

2014年は県庁試験の勉強をしていたので、その延長で電験を受けてみようと思い応募したんですが、実力不足は目に見えていたので受験しませんでした。

今考えると慣れのためにも受験してみても良かったのかもしれません。。。

 

学習時間

2014年・・・1日平均1.5時間で理論3ヶ月

2015年・・・1日平均2時間で理論4ヶ月、電力5ヶ月、機械2ヶ月

(最初の1ヶ月はサボった。。。)

2016年・・・1日平均3時間で電力4ヶ月、機械6ヶ月、法規2ヶ月

 

科目別の学習時間は、

理論375時間、電力660時間、機械660時間、法規180時間

 

科目別の学習時間の比率は、

理論:電力:機械:法規で2:3.5:3.5:1

 

となりました。

続いて学習方法です。

 

学習方法

幸いにも数学の知識は持っていたので、ベクトルや三角関数等の基礎学習はせず、最初から電験の問題を解いていきました。

順序としては理論⇒電力⇒機械⇒法規と勉強していきました。

 

時間的には朝約1時間、夜1~2時間を確保し勉強です。

平日はほぼ毎日、土曜は休んで日曜は勉強していたので週に6日は勉強していたことになります。

あまり時間を確保できない時期もありましたが、少しの時間でも毎日机に向かっていたことはよかったと思います。

 

電験は6割以上正解すれば合格です。

捨てるテーマをあらかじめ決めておき、スケジュールを立てるといいと思います。

 

私もすべての内容を勉強したわけではありません。

 

得意不得意を早い段階から見極め、捨てる項目を決めておくとなんとなく終わりが見えてくるような感じになり、これで少しモチベーションUPにつながります。

 

当日のこと

半分以上空席がありました。

科目合格の人もいるんでしょうが、受験しない人も結構いるんですね。

ただ、初の受験の時には、雰囲気を知るために1科目だけでも受けてみるといいと思います。

私は私立高校で受験したのですが、席について思ったのは「机、小さっ!(スペース)」です。

自宅ではある程度広い机で勉強し、参考書やノートを大きく広げていたんですが、当日の机を見て「げっ、こんな狭いスペースでやるの?」って思ってしまいました。

問題冊子、解答用紙、電卓、筆記用具、受験票、時計、これだけ置く必要があるのでやり難かったですね。。。

 

こんな感じで行って初めてわかる部分もあります。

慣れのためにも申し込んだら試験会場にいって雰囲気や環境を知っておくのも、実力を発揮するための手段だと思います。

 

合格して思ったこと

電験三種は広範囲からの出題ですので、テーマごとに何度も繰り返して勉強することを前提にスケジュールを立てることをオススメします。

 

そして継続は力なりですね。

集中が続かない時は、15分だけでも前回の復習をしてみるみるべきです。

1日休んで、2日休んで・・・結局何日も勉強しないでしまったということになりかねません。

 

学生時代に優秀だった同級は既に受け始めてから7年経過していると言っていました。

私の日々の勉強時間を伝えると驚いていたので、たぶんその人はもっと勉強すべきなんでしょう。。。

  

この年の合格率は約8%でした。

今回合格したことで周りからは「凄い」と言われます。

 

合格によって努力が認められ、また将来の仕事の幅が大きく広がるといいなと思います。

 

参考書についてはこちらで紹介しています。

 

最後までお読みいただき有難うございます。 

他にも参考書や勉強法などの記事を書いています。

電験記事一覧

 

今回の内容をまとめた動画も作っていますので、 よかったら見てみて下さい。


電験3種体験記 合格までの勉強時間や参考書などを紹介