のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

【出産】破水騒ぎがあって。。。入院から出産までの話

スポンサーリンク

こんにちは。

 

出産にあたっての入院までの話です。

 

まとめるとこんな感じになりました。

f:id:yorimichi_ticket:20170629200733p:plain

妻は病院行ったり来たりで大変だったでしょう。。。

12日あたりからほとんど寝られていなかったとのことでした。 

 

 

12日夕方

「破水したかも」って妻から電話がありました。

いやぁ焦りました。

 

とりあえず、破水はちょっとかもしれないという事と、病院に電話して確認してみるということで待機。

 

妻は車で1時間位の実家に里帰り中でしたので、いつでも迎えるように準備していました。

結局、自宅で様子を見るという事に。

 

⇒12日 夕方 破水の懸念があったが自宅で様子見

 

 

 12日夜

妻のお母さんから「なんだか変な感じだから病院に行って、今入院している」という電話。

「えーーー。大丈夫???」

 

どうやら本人が違和感を感じて深夜病院に向かい、さらに病院側でも破水したかどうかの判断が難しかったらしく、とりあえず入院したとのこと。

 

⇒12日 夜 違和感ありで入院

 

 

 13日昼

それから病院で色々診てもらい、赤ちゃんも元気で、陣痛らしい陣痛はまだ来ていないということで再度自宅へ。

 

⇒13日 昼 問題なしで自宅に戻り様子見

 

 

14日朝

このあたりから軽い陣痛が出てきました。

ちょうどその日の午前中に検診を入れていたので状況を診てもらうことに。

陣痛が徐々に来ているようだったので、私はその日から2日間休暇を貰って妻のもとへ。

 

 

「ついに産まれるか―!」って変な緊張感がありましたが、そこからが長かった。。。

検診の結果は赤ちゃんに問題無し、羊水の量も大丈夫、でも陣痛が弱い、ってことでまた自宅へ。

 

行ったり来たり。。。妻、大丈夫か?

 

⇒14日 朝 検診で異常なし、陣痛弱いので自宅に戻り様子見

 

 

 14日昼、夕方

自宅に戻ってからは陣痛を促すために散歩し、あとは今後のために睡眠を取っておきました。

妻の陣痛も徐々に強くなってきていたようですが、出産直前を考えるとまだまだこれからだったんですね。。。

  

そして夕方陣痛の間隔が5分程度になってきたところで、病院に連絡し入院となりました。

 

⇒14日 夕方 病院に連絡し入院

 

 

14日夜 

さらにそこからも長かった。。。

 

陣痛室で待機となりましたが、痛みだす度にお母さんが手を握り声を掛け、私が時間を計りながら背中をさすり、お父さんは飲み物買ってきたり身の回りのことをやって、3人掛かりでフォロー。

 

で病院に入ってから6時間後に分娩台へ。

結構痛がっていたし痛みも3分間隔になっていたのでもうすぐか!って思っていたんですがまだでした。

 

陣痛が弱くなってきた??

これまで病院行ったりきたりだったし、ほとんど寝れていないと言っていたので体力的にきつかったんだと思います。

 

先生から陣痛促進剤の話を受け、そして実際に点滴。

 

が、数分後に「動いてきた」と助産師さんから声が。

促進剤はまだほとんど効いていないと言っていたので、本人の振り絞った力でしょう。

 

 

15日朝 

そこから4時間が経過したとき元気な3,132gの元気な男児誕生です!!

産まれてきてくれてみんなで涙しました。

 

⇒15日3:58 息子誕生!

 

妻お疲れ!!!

 

 

まとめ

出産にあたって妻は、何度も病院と家を行ったり来たりすることになりましたので、相当大変だったと思います。

出産までの流れを書いてきましたが、その中で以下を感じました。

  • 病院は近いほど安心。
  • 食事、睡眠はできるときにできるだけしておくのが重要。
  • 入院準備は常にしておくべき。(夫も必要なものを揃えておく)
  • 夫婦間の連絡は密にしておくべき。

 

考えていた以上に大変でしたが、その先には感動もありました!

 

ほとんど記録のような内容ですが、以上、出産までの話でした。