のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

矯正中の歯が痛い。。。やってみた5つの対処。

こんにちは。

 

矯正を始めて約9か月が経過しました。

私の場合には埋伏歯があるので、埋まった歯を引っ張りながら、その歯が入るスペースを確保するために矯正を行っています。

 

先日行ったのがそのスペースを確保するために、各歯の間を削って全体を少しずつ動かすということです。

 

全体を動かすということは、、、やっぱり全体が痛みました。

 

矯正の歯の痛みは非常に辛いですね。

そして一番痛むのが食事の時です。

食欲も無くします。。。

 

どうすればこの痛みが軽減するか色々試してみました。

これまでにやってみた、5つを紹介します。

 

完全に痛みが無くなることはできませんが、軽減することはできました。

 

食塩水で口をゆすぐ

効果:★★☆☆☆

なんとなくは和らいでいるのかなという感じでした。

 

こちらの記事で紹介されていた内容です。

矯正の痛みの原因や和らげる方法を知れば全然怖くない!

 

なぜ食塩水で?と思いましたが、以下のような効果があるようです。

炎症を起こしている部分から余分な水分を取り除く脱水作用により、炎症による痛みを緩和する効果があります。

参考:https://hapila.jp/salt-waterbrine-gargle

食塩水で口をゆすぐ効果は他にも色々あるみたいなので、痛み軽減以外の目的でもやってみるといいかもしれません。

 

食事メニューを変える、料理を細かくする

効果:★★★☆☆

メニューを変更することで痛みは感じにくくなります。

また、料理を細かくすることで噛む回数を減らせます。

(私は矯正翌日にから揚げを食べたんですが、痛くて噛み切れませんでした。。。)

 

メニューとしては以下がおすすめです。

  • そうめんや蕎麦などの柔らかい麺類
  • 雑炊
  • お茶漬け
  • 卵かけご飯
  • スープ

痛みがある期間はメニューを変えて耐えましょう。。。

 

冷やしながら食べる

効果:★★★☆☆

冬は辛いですが、私はこれをよくやっています。

まず冷たい飲み物を準備しておきます。

食べ物を噛んでいる時に時間を空けながら、その飲み物を口に含んで痛む部分を冷やします。

すると何となく痛みが麻痺するような感覚になります。

 

冷たい飲み物を飲み過ぎるとお腹をこわす原因にもなりますし、水分で食べ物を流し込むことが多くなるので、その辺は注意が必要です。

 

お酒を飲む

効果:★★☆☆☆

お子さんは無理ですが、少し痛みが麻痺します。

ただ、ある程度の酔いにならないと効果が出てきません。

これで何とか焼肉を食べることができたので、効果はそこそこあると思います。

 

薬を飲む

効果:★★★★☆

 

市販の痛み止めでも十分効果がありました。

多少の痛みはありますが、通常の食事も食べることができます。

 

しかしこの痛み止めに頼り過ぎるのは良くありません。

矯正は炎症によって細胞の破壊と再生が行われ歯が動くものです。

一方、痛み止めには消炎鎮痛剤が含まれますが、これは血流の抑制によって痛み物質が止められます。

痛み止めにより炎症を抑えられますが、組織の修復も止まってしまいます。

 

 

歯医者の先生と相談しながら使うといいかもしれませんね。

 

まとめ

矯正による痛みの対処5個を紹介しました。

完全に痛みを無くすことはできませんが、少しでも生活や食事をいつも通りしたいですね。