のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

腱鞘炎。インテバン軟膏とサロンシップを同時使い。これはダメだった。

スポンサーリンク

こんにちは。

子供が生まれて抱っこする日が多くなり、徐々に左手首が痛むようになりました。

 

そして先日、出かけ先で長時間抱っこした結果、、、

夕方くらいからひどい痛みに。。。

 

家には効果がありそうな3種類の医薬品がありました。

非常に痛かったので、その中の軟膏と湿布の同時使いをしてみたんですが、、、

これはダメでした。

 

詳しく紹介していきます。

 

医薬品3種

家にあった医薬品は次の通り。

  • インテバン軟膏1%(軟膏)
  • サロンシップ インドメタシンEX(湿布)
  • ロキソプロフェン60mg(痛み止め飲み薬)

 

どれも今回の腱鞘炎用で病院から処方されたものではないので、この時点で腱鞘炎に対してこれらの医薬品が適当かどうか不明です。

でも痛かったので使いました。。。

 

各医薬品の印象

実際の使用の紹介の前に、過去の経験で感じた、私が持っているそれぞれの医薬品の印象を書いておきます。

 

インテバン

透明の軟膏なので、湿布のように使用箇所が目立たない。

過去に指の痛み、肩の痛みの際に使用したが効果があるのか不明。

 

サロンシップ

貼った瞬間からひんやり、そしてジワジワ来る感じで何となく効果がありそう。

場所によっては剥がれやすい。白いので貼った箇所が目立つ。

 

ロキソプロフェン

歯の治療を行った際に貰ったもので、痛み止めに効果あり。

病院で処方されたものなので、飲み方に不安。

 

 

痛み止めのロキソプロフェンは強力そうなので最後の手段に取っておきます。

 

今回の腱鞘炎はサロンシップで対応しようと思いましたが、一つひらめきました。

インテバンを塗った上からサロンシップで覆ったらかなりの効果があるんじゃないかと。

 

実際にやってみた結果

上に書いた思いつきの通り、まずインテバンを塗りこみ、その上からサロンシップを貼ることにしました。これを寝る前に行いました。

 

結果どうでしょうか。

 

やるべきではありませんでした。。。

 

夜中にズキズキ痛み出したんです。そして途中で起きました。

片方の使用だけでは起きない痛みです。何もしていなくても痛みました。

 

痛みの少ない方向に手首を曲げて維持したり、逆の手で握って圧迫してまた寝ようとしてみましたが一向に寝付ず、1時間もがいて結局、サロンパスを取り除き、インテバンを石鹸で洗い流すことにしました。

 

痛み止めのロキソプロフェンを飲んで寝ました。

 

まとめ

インテバン軟膏とサロンシップの両方を同時に使うべきではありませんでした。

効果倍増と思いやってみましたが、効きすぎたのかズキズキと痛みを感じるようになりました。

今後腱鞘炎になった際は、インテバン軟膏を塗りこみ、それでも痛い場合にはロキソプロフェンを飲むという風にします。