のんびりよりみちきっぷ

考えた事や実施したことをのんびりと。

医者に聞いた。乳児脂漏性湿疹のケア

スポンサーリンク

こんにちは。

 

2ヶ月になる息子がいますが、頭の一部ににかさぶたのような黄色い塊が以前からできています。

『乳児脂漏性湿疹』です。

珍しいものではないようですが、進行するとかゆみの原因になるとのこと。

 

先日病院でケアの方法を聞いてきました。

 

湿疹の状態

写真は息子の頭です。

頭頂部に直径10cmくらいの範囲に黄色い膿の塊ができています。

生後3週間後くらいから出てきて2ヶ月経過した現在もできています。

f:id:yorimichi_ticket:20170826114426j:plain

 

脂漏性湿疹とは

赤ちゃんに見られる湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼びますが、中でも多いのが脂漏性湿疹です。特徴としては、身体にはできず、首より上にできます。頭の中が黄色いかさぶたのようなもので覆われたり、眉毛の中、おでこ、頬などにフケのようなかさかさしたものができたり、赤い湿疹として現れる場合もあります。

生まれて間もない時期は、先述したように母親の女性ホルモンの影響が残っています。そのため、生後3か月くらいまでは特に、皮脂の分泌が盛んで、肌に汗や皮脂が溜まりやすく汚れやすい状態になっています。さらに、毛穴が未発達なためつまりやすくなっており、皮脂が毛穴がつまることで脂漏性湿疹を起こします。

参考:http://www.skincare-univ.com/article/000361/

 

過去に息子も眉毛の中にもできていました。眉毛は洗っているうちに徐々に取れてきましたが、頭の方は変わらず残っています。

赤い湿疹にはなっていないのでまだ軽度なのかもしれません。

 

ケアの方法

泡立ててよく洗う

黄色いかさぶたは脂なので、石鹸やボディーソープをよく泡立てて洗うことが重要とのこと。

パンフレットを頂きましたが、思っていた以上に泡立てて洗っています。

ただ、塊を無理に剥がそうとしたり、ゴシゴシ洗ってしまわないよう注意が必要です。

自然に取れてくるのを待ちましょう。

 

放っておくと湿疹が広まって痒みの原因になるとのことなので、早めの処置がよさそうです。

 

保湿をしっかりする

病院で診てもらった際に保湿ローションも処方されました。

またローションの塗り方も教えてもらったので紹介します。

 

  • 入浴後や体を拭いた後などこまめに塗る。
  • 入浴後5分以内に塗る。(浸透しやすい)
  • 肌の方向(横方向)に塗ることで奥まで塗りこめる。
  • 顔だったら1円玉程度手に取り多めに塗りこむ。
  • 肌荒れはアレルギーの原因にもなるのでよく保湿する。

 

ローションの量を実際に出して見せてもらったんですが、思った以上に多めに出していました。50gのローションを3本もらいましたが、「週に1本使い切るくらいでいいですよ」と言っていました。

無くなったら市販のものでもいいみたいですし、保湿は積極的に行った方がいいですね。

 

まとめ

乳児脂漏性湿疹のケア方法について書きました。

重要なのは、石鹸やボディーソープをしっかり泡立ててよく洗うこと、保湿を積極的に行うことですね。

無理に剥がそうとせずに、適切なケアを行って徐々に減ってくれればなと思います。

 

もらったパンフレットの画像を載せておきます。

参考になればと思います。

 

泡立て

f:id:yorimichi_ticket:20170826151511j:plain

 

保湿

f:id:yorimichi_ticket:20170826151521j:plain

f:id:yorimichi_ticket:20170826151528j:plain

f:id:yorimichi_ticket:20170826151543j:plain